image.jpg先日、東京で「地方企業の魅力」をテーマに関東圏の学生をターゲットとした会社説明会に参加させて頂きました。この説明会をするにあたって、プレゼン資料の作成が必要であったため、弊社の他社にない魅力や、自分の住む町の魅力を考えるきっかけとなりました。おかげ様で自分の会社やこの町の魅力を再認識いたしました。うまく学生様に伝えられたかというとさだかではありませんが、全力は尽くしました。ただし一度に5〜6人の学生様に、弊社や町の魅力をご説明しながら第一次面談を同時にし、その評価をメモしながら進めるのは容易ではありませんでした。しかもそれを45分間で行うという事で、なかなか苦戦しながら全6ラウンドを暗中模索状態で進み最後までペースをつかめず終了、、、。反省点は山のようにありますが、非常に良い経験が出来たと思います。企画されたリクルートキャリア様ありがとうございました。
    余談ですが、会場となったグラントウキョウサウスタワーという雑居ビルですが、本当に東京駅の真横で、そのまま外に出る事なく渡り廊下で行く事ができます。そして入館許可証をかざすとゲートが開き、恐ろしく速い高速エレベーターでかなり高いところまでゆくとそこにはリクルート本社フロアーがあります。そこが会場だったのですが、なんとそのフロアーにはセブンイレブンまであるという環境で、うらやましい限りでした。
    2013年10月21日(月) 専務
      20131017.jpg本日の中部経済新聞の17ページに弊社の記事が掲載されておりました。古くからのお客様で大変良くして頂いている会長様が教えてくれました。これだけ大きなニップルのアップの写真ですので、すぐに目がいったのでしょう。なかなかニップル自体の写真が新聞に載ることはないと思います。わたしも驚きました。ニップルブーム?の到来を予感させる記事ですね。これからもニップルに特化した「ニップルバカ」の会社を目指します!
      2013年10月16日(水) 専務
        20131015-194100.pngSEOチェッキというサイトがあります。このサイトのサービスは、ある検索キーワードで検索をかけた時に、自社サイトが全世界で何列目に表示されるかを計測してくれるというものです。このサイトを使って弊社の主力商品である「規格ニップル」「規格ソケット」「特殊ニップル」を計測してみました。その結果、上位にくるようになっておりました。特殊ニップルはトップにきてます。この用語自体かなり業界用語ですが、、、でも、、、嬉しいですね。
        2013年10月15日(火) 専務
          20131015.jpgFAXもだいぶ技術が進歩したようです。説明書を良く読んでおりましたらスキャンしたデーターをパソコンに保存せずに直接、指定したアドレスに送信できるという機能がありました。この機能はとても便利です。通常はパソコンに取り込み、そのデーターをメールに添付してアドレスを指定して送信という作業が、そっくりそのまま不要になります。また自分用で保存しておきたいものは自分のメールに送信すれば、メールの履歴にその添付されたデーターが残りますから、スマートフォンでもそのデーターを確認できます。(スマートフォンにも同じメールのアカウンを設定しておく必要がありますが)しかしよく考えれば、これはドロップボックスなどのクラウド型のサーバーに送ればそんな事をする必要もないのかもしれませんね、、、
          このようにIT技術はうまく利用すればすごく効率的に仕事ができます。時間の節約ですね。しかし慣れてしまい過ぎてムダな動作を自分がしていることに気づけず改善をしようという考えすらなくなってしまっている事はまだまだたくさんあると思います。だからこそ新しい技術や情報になるべく敏感になっておく事は、思いがけない自分の昔からのムダな習慣に気づけるチャンスが増える事でもあるので、結構大切な事だと思います。IT技術はあなどれませんね。
          2013年10月15日(火) 専務
          第173話

          整列線

            IMG_2045.jpgだいぶ前の写真になります。しかも夜です。ペンキ塗りたての時に記念に写真を撮っておいたものです。今はかなり消えてきてしまっていますが、、なんの線かといいますと弊社の朝礼をするための場所なんですが、ひとりひとりF1の停止位置みたいなコの字の枠につま先を揃えるようにして立つと、不思議な事に(当然な事ですが)綺麗に整列出来ます。このような取り組みの根底には、これから会社として「きちんとした会社」を目指しこのブログの表題でもある町工場から脱却をしブランドメーカーを目指すために、会社でしているひとつひとつの小さな事から丁寧に完成度を高めてゆくことが大切なのではというところが原点にあります。何をするにも少し高いレベルでやれるように。「まぁいっか」という妥協癖を少しづつ仕事の中でなくしてゆくトレーニングの一貫でもあります。たかが整列されど整列!
            2013年10月15日(火) 専務
              少しづつですが、弊社ウェブショップ「nipple」の検索ヒット率が上昇してきてます。昨年の11月付近でガックっと落ち込んでいるのがあからさまにお分かり頂けるとおもいますが、これは、グーグルのスポンサーリンクというもので料金を払って優先的に上位に表示してもらうサービスをやめたからです。なぜやめたかといいますと、1クリック○○円というようにクリックされた回数だけ料金が課金されてゆく仕組みなので(もちろん1ケ月の上限は設定できますが)、結構な費用がかかります。あまり考えずにスタートしましたが、半年やった結果、費用対効果があまりにも悪すぎました。しかもオークション形式でより多くの料金を払ったところが上位へきますから、こちらが上げればあちらも上げるという我慢比べのようになってゆき、どんどん1クリック単価が上がってしまい、最後1クリック150円くらいまで上がってしまったので、これはまずいと、、、そしてこれをやめた結果、アクセス数が見るからにわかりやすく落ちてしまいました。いかに実力ではなくお金で知名度を維持していたかという事がわかりました、、お恥ずかしい限りですね。
              ということで次は方法を変えて「ディレクトリー登録」という作戦をとりました。これはヤフーだとかライブドアのようなビックサイトの中にリンクを貼ってもらうことによって、検索エンジンは、大きなサイトにリンクを貼られるサイト=価値のあるサイトということで認識し検索結果の上位に押し上げてくれるという仕組みを利用したサービスです。検索は検索する者にとって的確な絞り込みがなされる事が重要なので、この検索エンジンの、サイトに価値を見ぬく目は的確でないと困ります。逆に考えれば今後この精度がどんどん高まってゆくのだと思いますので、より内容のある(価値のある)サイトを作らなければ上位に表示させる事は難しくなってゆくのかなとも思います。とりもかくにも、このディレクトリー登録で少しづつグラフのギザギザが上に上がってきていますので、この調子かなと思います。(少し下がってるような気もしますが、、)しかしあくまでもクリック数であり、ご注文数でないことは肝に命じなければいけません、、、

              20131015-180455.png
              2013年10月15日(火) 専務